JAマインズの自己改革について

具体的な取組について

新着情報 ~自己改革~ はこちら

「東京の農業とJAの未来を拓く」(令和元年度~令和3年度)3ヵ年計画

『JA東京グループ自己改革の実践~農業者の所得増大と都民理解の醸成~』
3ヵ年計画(平成28年度~平成30年度)の取組報告

まんがでわかるJAの自己改革

自己改革

自己改革の取組にあたって

JAは、組合員が出資・運営し、自らが必要とする事業の利用を目的とする協同組合です。農業者と地域住民が必要とする営農と生活を支える様々な事業を展開し、これまでも「持続可能な農業」と「豊かでくらしやすい地域社会」の実現に向け、各JAで様々な取り組みが自発的に行われてきました。そうした中、平成26年11月に、政府から「農協改革」が提起され、全中理事会において「JAグループの自己改革について」を決定しました。

JAグループは、組合員の願いを実現するため、各々のJAが多様な農業・地域の実態に応じて、自らの創意工夫に基づく積極的かつ多彩な事業と組織活動を展開し、地域の農業とくらしになくてはならない組織となることをめざす改革を「創造的自己改革」と位置付けました。この「創造的自己改革」に取り組むことで、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」に全力を尽くし、「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」としての役割を発揮して、持続可能な農業と豊かで暮らしやすい地域社会の実現を目指し日々活動しています。

JAマインズにおきましては、平成28年6月に「『JA東京グループ自己改革の実践~農業者の所得増大と都民理解の醸成~』3ヵ年計画」を策定し、4つの重点取組項目を掲げて様々な施策に取り組み、組合員の「声を聞く活動」を実行し、自己改革の内容を広く皆様に伝える「知らせる活動」を続けてまいりました。

こうした状況の中でJAマインズは、都市農業の振興と都市農地の保全を念頭に、更なる自己改革の実践を通じて「もっと必要とされるJA」となるべく、いただいたご意見を可能な限り反映した新たな3ヵ年計画「東京の農業とJAの未来を拓く(令和元年度~令和3年度)」を策定し、各計画目標の達成に向けた取り組みを続けています。

「東京の農業とJAの未来を拓く」3ヵ年計画 基本方針・戦略・重点施策

基本方針 戦略
未来へ続く東京農業の確立
  1. 都市農地の保全
    1. 特定生産緑地の指定促進
    2. 未利用農地・低利用農地の有効活用
  2. 農業の担い手の維持と拡大
    1. 担い手の支援及び育成
    2. 新たな農業者の取込み
    3. 農畜産物に対する付加価値の増大
未来を担うJAの経営力強化
  1. 信頼の確保
    1. 社会的価値の向上
  2. 事業の再構築
    1. 組合員に評価される事業展開
  3. 体制の強化
    1. 人材の確保と育成
    2. 内部統制の強化
    3. 准組合員の参加
  4. 財務の安定化
    1. 収益力の向上
    2. 効率化の促進
重点施策
  • 特定生産緑地の指定促進と都市農業・都市農地にかかる諸制度の周知徹底
  • JAによる農地管理・農作業の受託・農業経営・貸借支援の充実
  • 体験型農園、学童農園等の開設・運営支援
  • 相続・事業承継の支援体制強化
  • 生産効率化や資材価格の引き下げによる生産トータルコストの低減
  • 人材の確保と育成
  • 学校給食への食材提供の拡大
  • GAP制度の普及促進
  • 後継者対策(結婚支援含む)の強化
  • 多面的な情報発信
  • 多様な組織との連携の強化
  • 効率的かつ効果的な内部統制の構築
  • 准組合員の意思反映と活動参加
  • その他
  • 重点施策は方針と戦略に基づいて策定してますが、1つの重点施策が複数の戦略に基づいているため、それらの相関関係は示しておりません。
  • 取組履歴

    自己改革だより

    その他の取組伝達

    ページトップへ