新着・重要なお知らせ

救缶鳥を寄付しました

 JAマインズでは、2年前に災害備蓄品として導入したパンの缶詰「救缶鳥(きゅうかんちょう)」1500缶をNGO日本国際飢餓対策機構へ寄付しました。

 防災対策を主管する本店総合企画室コンプライアンス課が中心となり、防腐剤を使用せずに賞味期限が3年と長期保存が可能な(株)パン・アキモトのパンの缶詰を2014年に購入するとともに、同社が取り組む「救缶鳥プロジェクト」に参加しています。

 このプロジェクトは、パンの缶詰の賞味期限3年のうち2年が経過する頃、参加者に世界中で飢餓に苦しむ国々や震災被害地等への支援活動に対する協力案内が届くというもので、この缶詰は今回熊本県にも届けられました。

このページの先頭へ

おすすめコンテンツ