JAマインズの自己改革について

具体的な取組について

新着情報 ~自己改革~

まんがでわかるJAの自己改革

自己改革

自己改革の取組にあたって

 JAは、組合員が出資・運営し、自らが必要とする事業の利用を目的とする協同組合です。農業者と地域住民が必要とする営農と生活を支える様々な事業を展開し、これまでも「持続可能な農業」と「豊かでくらしやすい地域社会」の実現に向け、各JAで様々な取り組みが自発的に行われてきました。そうした中、平成26年11月に、政府から「農協改革」が提起され、全中理事会において「JAグループの自己改革について」を決定しました。

 JAグループは、組合員の願いを実現するため、各々のJAが多様な農業・地域の実態に応じて、自らの創意工夫に基づく積極的かつ多彩な事業と組織活動を展開し、地域の農業とくらしになくてはならない組織となることをめざす改革を「創造的自己改革」と位置付けました。この「創造的自己改革」に取り組むことで、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」に全力を尽くし、「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」としての役割を発揮して、持続可能な農業と豊かで暮らしやすい地域社会の実現を目指し日々活動しています。

 JAマインズにおきましても、平成28年6月に「JAマインズ3ヵ年計画」を策定し、4つの重点取組項目を掲げて様々な施策に取り組んでおります。

JAマインズ3ヵ年計画 重点取組項目

Ⅰ.東京農業の振興を踏まえた農業者の所得増大
  • 「府中市」「調布市」「狛江市」の立地を活かし、「魅力ある店舗づくり」・「多方面への販路拡大」さらに「特色ある農畜産物づくり」などの積極的な取り組みにより販売力を強化し、農業者の所得増大を図ります。
Ⅱ.地域貢献活動による都民理解の醸成
  • 広報活動を重要な経営戦略と位置づけ、都民に都市農業の重要性を理解いただくために、食料・農業・地域やそれを支えるJAの活動について情報発信を強化します。
Ⅲ.組合員と共に歩む組織づくり
  • 組合員が積極的に当JAの事業や活動に参加する「アクティブ・メンバーシップ」を確立し、「理念」や「ビジョン」を共有しながら、より良いJA運営を行います。
Ⅳ.JA自己改革の実践を支える経営基盤の強化
  • 将来にわたり安定した経営基盤の確保に向け、組合員の理解のもと事業の見直し・効率化とともに、業務執行体制および内部管理体制の強化に取り組み、堅固な経営基盤を築きます。

取組履歴 

自己改革だより


このページの先頭へ

おすすめコンテンツ